スイセンノウ(酔仙翁)の花

 シルバーリーフとなれば、シロタエギクとリクニス・コロナリア(スイセンノウ、フランネルソウ)というのが今風の常識のようで、湾岸地域でもこれら二つが目立ちます。

 ナデシコ科のリクニス・コロナリアはアフリカ北西部、ヨーロッパ南東部から中央アジアなどが原産地で、その外観から「フランネルソウ」と呼ばれ、白い綿毛に覆われた、柔らかくて厚みのある葉が特徴です。昔はフランネルを「ネル」と呼び、冬用のシャツや寝巻きに使っていたのを私も憶えています。

 濃いローズの花がポピュラーで、和名のスイセンノウ(酔仙翁)は、ほろ酔いの仙人を連想した名前。日本へは江戸末期に入りました。ビロードのような白い毛の生えた株と、小さくても整った花が魅力的です。フランネルソウは夏に鮮やかな濃いピンクや赤の花を咲かせますが、今年は既に咲き出しています。

*漢字の「酔仙翁」は、花が赤くて酔っているように見えるためとされています。仙翁はこの植物が属するリクニス属の和名で、日本産のリクニス属の一種が京都の仙翁寺から出たことに由来します。