紅葉狩の季節に浮かぶ我がモヤモヤ

 斐太神社や加茂(賀茂)神社は鎮護、護国、鎮守の役割をもち、地域の自然と社会を守る神社です。頚城地方に出雲の影響が強いことは糸魚川から諏訪までの神社によってわかります。「小出雲」という地名もそれを暗示しています。出雲氏賀茂氏は同祖であり、大国主命を祀る斐太神社、大国主命の第二子の「建御名方命神(たけみなかたのみこと)」とその妃神「八坂刀売神(やさかとめのかみ)」を祭神とするのが諏訪大社です。とはいえ、祭神は神社毎に異なり、異なる理由は判然とせず、モヤモヤしたままです。

 一方、戸隠神社と関山神社は共に神仏習合の典型的な神社で、修験道と結びついてきました。修験道は日本人古来の山岳信仰に仏教、道教儒教などが結びつき、さらにそこに神道陰陽道民間信仰までが取り入れられています。神社管理のために置かれたのが別当寺で、宝蔵院が関山神社を、顕光寺戸隠神社を管理していました。このような管理体制の背後には「本地垂迹説」があり、別当寺の方が神社より上位にあり、別当寺が神社の祭祀を仏式で執り行い、それを取り仕切っている僧の代表「別当」は「宮司」よりも上位でした。神仏習合は明治に入って否定された筈ですが、今でも生き残り、関山神社では善光寺御開帳を記念して今年の春に「関山神社 秘仏御開帳」を行っています。善光寺の絶対秘仏の「一光三尊阿弥陀如来像」と同形式の「妙高阿弥陀三尊像」が開帳されましたが、何ともモヤモヤした開帳です。

 紅葉伝説は戸隠、鬼無里別所温泉などに伝わる鬼女伝説。平維茂が鬼女紅葉と戦い、討ち取る話で、能の「紅葉狩」に由来します。能の「紅葉狩」は深紅に染まった紅葉の山中に鬼女が現れるというストーリー。能の鬼は女性の妄念から生ずるのですが、「紅葉狩」ではそれとは反対に、鬼が美女に化けています。よく似た戸隠、鬼無里の鬼女伝説は能の「紅葉狩」の影響を受けてできたようで、何ともモヤモヤした伝説です。

 鬼が女性に化けるより、女性が鬼になる方がずっとリアルです。能「黒塚(安達ケ原)」では鬼婆が登場し、老婆と鬼の組み合わせになっています。鬼と女性はいずれがいずれの化身なのか、ここにもモヤモヤがはっきり残ります。

(モヤモヤの一例:鬼と般若)

 「鬼滅の刃」には鬼がたくさん登場します。その鬼は信濃の山々にもたくさんいたようですが、本来は「目に見えないもの」。それは隠(おん)と呼ばれ、畏怖の対象でした。天変地異や疫病はすべて隠の仕業。「鬼(き)」という漢字は死者の魂や霊魂を指し、時代が経るにつれ、「おん」が発音しにくいので「おに」に変化し、意味が近かった鬼を「おに」と読むようになったようです。これが日本の鬼の成り立ち。平安時代の辞書『和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』にも「鬼はおんが訛った言葉」と記載されています。

 つまり、鬼は疫病や災害を起こす得体の知れない何かということで、鎌倉時代に入ると鬼の「見える化」が進み、鬼が絵に描かれるようになります。室町時代の絵巻である『百鬼夜行絵巻』には鳥の姿や動物の形を模したような鬼が登場します。江戸時代には「人型で角の生えた姿=鬼」というイメージが広まるのですが、そのきっかけとなったのが能で用いられた二本の角を持つ般若の面。般若の面は怒りや嫉妬で鬼になった女性を表すのですが、当時は女性が鬼に変化するという物語が多く誕生し、演じられる際に般若の面を着けて演じられていたため、「鬼=般若」となったようです。

 鬼の「見える化」、具象化が般若の面によって行われたのですが、その般若とは何でしょうか。般若は仏教用語で、意味は「仏の智慧(ちえ)」。智慧は不変的な真理、知恵は人がもつ可変の知識。『般若心経』は大乗仏教の基本的な経典で、真実や本質を見抜く力によって悟りの境地に到達するための大切な教え。300文字足らずの短い経典で、「空」の思想が要約されています。空とは「無常」のことです。

 仏の智慧を表す般若が、鬼の形相をした怖いイメージの能面となぜ結びついたのでしょうか。般若の面はただ怖いだけではなく、顔の上下で鬼女の心の二面性を表しています。不本意ながら鬼になってしまった恥ずかしさやうしろめたさ、情念に翻弄されてしまった人間の悲しさや切なさを感じ取ることができます。

 鬼の面が般若とされるようになったのは「般若坊」という能面師の名前が由来とされています。彼は仏の力を借りて素晴らしい能面を作りたいと願い、自分の名前を仏の智慧を意味する般若に改名。改名後、般若坊の作る能面は有名になり、その中でも鬼女の面は特に優れていました。また、様々な演目の中で、般若の面を着けた怨霊が、改心したり悟ったりする姿から、鬼女の面を仏の智慧である般若と呼ぶようになったともされています。

 こうして、目に見えない隠と仏の智慧とはまるで関係がないにもかかわらず、いつの間にか鬼=般若として能の中でまず表現され、それが伝説の中でコピーされることになったことが推定されます。昔話や伝説が仏教や能によって形を与えられ、それが伝承の中で様々に変身してきたことは驚くべきことです。

イソトマの花

 キキョウ科のイソトマ(ローレンティア)はオーストラリア、ニュージーランドなどに10種程度が分布し、小さな星形の花を咲かせ、ギザギザの入った葉と青い花は夏に清々しい印象を与えてくれます。花色には白やピンクもあります。でも、イソトマの花言葉は「猛毒」です。これは茎や葉から出る白い液体には毒があるため。

 花は10月頃までなのですが、今年はまだ咲いています。これも温暖化のためかも知れません。11月のイソトマの花であっても、その清々しさに変わりはありません。

 

新たな遭遇

 昨日の女王バチの画像は末期の一枚かも知れないと言ったが、同じサザンカの周りで別の女王バチに出遭うことができた。偶然の出来事とはいえ、とても不思議な気がしてならない。昨日からスズメバチについて調べていたのだが、ひょっとすると画像の女王バチはコガタスズメバチかも知れない。だが、素人の私にはいずれの女王バチかは判断できないし、それが重要とも思っていない。

 安堵したのは今日の画像の女王バチは、きっとこれから冬眠に入るのだろうと思わせるほどに元気だったことである。だが、来春のハチ集団の運命を左右するのは冬眠に成功する女王バチの一個体であるということは、ハチ集団の存続が極めて不安定であることを暗示していて、それが集団の不規則な変動を引き起こしているのかも知れない。

 

オオスズメバチの女王バチからの知的刺激

 昨日のオオスズメバチの女王バチとの遭遇は、まず私のとても人間的な反応を引き起こしたのですが、実はもっとずっと興奮すべき内容がそこには含まれていたのです。オオスズメバチの女王バチを見たこともない私が女王バチのハチ社会における役割について色々考えていたことがあり、それは社会性昆虫に関する進化論的な謎とも呼べるものでした。

 真社会性昆虫(eusocial insects)の代表例はアリ、スズメバチ、ミツバチ、シロアリといった昆虫です。メスが子を産む女王と子を残さないワーカーに分かれていることを繁殖分業と言いますが、子を残さないメスの個体がいることの進化論的な意義は謎となってきました。子を残さないという性質は端的に不利であり、進化の過程の中ですぐに消滅する筈です。ところが、実際には多くの繁殖分業をもつ社会性昆虫が存在しています。

 ワーカーの存在を進化の謎と捉えた一人がダーウィンです。ダーウィンは社会性昆虫のワーカーの存在は自分の理論への反例だと考え、問題と捉えながらも、解決には至りませんでした。でも、「血縁選択」に近い考え方をもっていたようです。

 生物進化の大原則は「子どもをたくさん残すことができる性質をもつ個体は、その性質のおかげで子孫の数を増やし、最後にはその性質をもつものだけが集団に存在するようになる」というものです。ところが、真社会性生物のワーカーは多くの場合子どもを生まないので、「子孫を増やす」という法則に従わない性質が進化してきた生物、ということになり、進化論の謎となってきました。ハチやアリではコロニーのなかには普段はメスしかいません。働きバチや働きアリもみんなメス。女王はメスで、オスの王はいません。アリやハチの世界は完全な女系社会です。

 真社会性生物にも様々な社会形態がありますが、繁殖する個体としない個体が協同する特徴は共通しています。自分の子どもを残すという個体の利益になる行動をせずに、他個体の繁殖を補助する「利他行動」行動の存在が、真社会性生物とその他の社会性生物を区別する点です。自然選択説によれば、生物は自らの子孫をより多く残すように進化します。しかし、実際の生物にはしばしば利他行動、すなわち自分の繁殖成功を下げ、他者の繁殖成功を高める行動が見られます。特に顕著なのがハチやアリなどの真社会性昆虫で、この場合には一部の個体は全く繁殖せず、他個体の繁殖を助けることに一生を費やすのです。このような利他的な形質は、自然選択によってすぐに個体群から消えてしまう筈です。

 ダーウィン以降、利他行動は「集団にとっての利益」、「種の繁栄」によって説明されてきました。個体にとって不利な形質でも、それが種や集団全体に有利となるなら、集団レベルではたらく自然選択(群選択)によって進化するという考えが曖昧なまま受け入れられていました。この状況を一変させたのがハミルトンの血縁選択説です。

 ハミルトンの論文集が手元にあるのですが、地味な論文の積み重ねが後のウイルソン(『社会生物学』)やドーキンス(『利己的な遺伝子』)のベストセラーを生み出すことになった訳です。オオスズメバチの傷ついた女王バチと利他主義の関係を今一度じっくり考えてみたい気分になっています。

*Hamilton, W. D., Narrow roads of gene land, The collected papers of W. D. Hamilton, Vol. 1 Evolution of Social Behaviour, 1996, Vol. 2 The Evolution of Sex, 2001, W. H. Freeman and Company

 

ヒメリンゴ(姫林檎)の赤い実

 子供の頃、向かいの家の庭にヒメリンゴの木があり、何度かその木にのぼって小さな実を食べたのを憶えている。その味は酸っぱく、渋く、まずかったのが記憶としてしっかり残っている。ヒメリンゴの別名はイヌリンゴ(犬林檎)、ミカイドウ(実海棠)である。バラ科の落葉高木で、セイヨウリンゴとズミの雑種と言われているが、その起源はよくわからない。

 4月から6月にかけて咲く花は、最初は薄いピンク色で、満開時には白になる。その後、すぐに小さな実がつく。実は木から落ちにくく、たわわに実り、鑑賞に向いている。画像の実は9月から現在までの実である(興味ある方は画像から時間経過を想像してみてほしい)。実は頑丈で、11月末でも実の多くがまだ落ちずに残っている。実に頑固な実だというのが老人の素直な印象である。

 

晩秋のヒャクニチソウ

 ヒャクニチソウ(百日草、ジニア、Zinnia)はキク科の一年草。夏から秋にかけて、色とりどりの花を咲かせます。11月末でもあちこちの花壇でヒャクニチソウの花を見ることができます。次から次へと新しい花が咲き続けるため、日本では昔から仏花として重宝されてきました。確かに、子供の頃、家の仏壇にはこの花が供えられていたのを憶えています。

 ヒャクニチソウの原産地はメキシコで、16世紀以前から栽培されていました。日本には1862年頃に渡来。強い日照と高温多湿を好みます。色は白、赤、黄、ピンクなどで、花の形も微妙に異なり、綺麗な八重咲きです。

*仏花は仏壇に供える花

 

女王バチ追記

 スズメバチ科のなかでもオオスズメバチは最大級のサイズで、その中でも女王バチはさらにひと回り大きく、そのサイズは優に5㎝を越えます。オオスズメバチが活発に活動するのは、春から秋の間。働きバチは冬になると死にますが、女王バチは冬になると土や木のなかで越冬します。

 女王バチと働きバチが毒針を持っています。他の種類のスズメバチと比べても獰猛な性格で、警戒心が強く、毒性が強いので、アナフィラキシーショックなどのアレルギー反応を引き起こします。でも、女王バチは働きバチと比べると、攻撃的ではありません。

 10月頃には女王バチは巣作りを終え、新しく生まれた女王バチを育て始めます。オオスズメバチの女王バチ候補は来年春先に巣を作り始めるため、冬眠します。生まれた女王バチはある程度成長し、11月頃に越冬する場所を探すために巣を離れますが、寿命が1年の女王バチは寿命を迎えます。となると、私が見た女王バチは役割を終えた旧女王だったのかも知れません。