雑談「熊坂長範」(4)落語

 義経伝説ほど日本人の心を捉えて離さない伝説はありません。義経は文学、芸能のきっかけであり、目的でもありました。『源氏物語』が貴族文学の代表とすれば、武家文学の最初の代表が『平家物語』やその異本である『源平盛衰記』でしょう。義経文学は様々な文学形態にわたり、驚くべき多くの作品を生み出してきました。既に紹介した能の「烏帽子折」、「熊坂」はその中の代表的な作品であり、幸若舞、歌舞伎、浄瑠璃等にも多くの傑作が溢れています。

 能については既に述べましたので、落語に焦点を当ててみましょう。『源平盛衰記』を落語化したものは、略して「源平」と呼ばれます。源義経の生い立ちから、常磐御前(ときわごぜん)、熊坂長範、木曽義仲鵯越(ひよどりごえ)、屋島、壇ノ浦と、源氏が平家を滅ぼすまでを、義経に合わせて物語って行きます。これは大変長いので、落語では部分的に扱われ、演者によって話す部分が違ってきます。どの噺も古典の『平家物語』の一部ですから、会話より説明が多い地噺となり、噺家のセンスが問われます。「源平盛衰記」は談志が三平から習い、そこに当時の世相や時事問題を練り込み、早口でスピーディーな展開によって客を圧倒し、革新的な噺に変えたと言われています。

 さて、それに連なるものに「熊坂」があり、五代目三升屋小勝が得意にしていました。これは有名な大泥棒たちについての小噺のようなもので、熊坂長範が最後に登場します。牛若が小手を打つと、長範が薙刀を取り落とし、すかさず薄緑の名刀で首を切るのですが、血が出ません。そこで今度は向こう臑を払って、倒れた身体を踏むと、血が出ずに、餡が出たのです。そこで、「これは熊坂で無く今阪だ、潰して出たから潰し餡(あん)で御座います。」で終わります。今坂(阪)は餡の入った菓子で有名な店で、今坂と熊坂をかけている訳です。

 では、「熊坂」に出てくる盗人の辞世の句を比べてみましょう。

武蔵野にはびこる程の鬼薊(おにあざみ)、けふの暑さに今ぞ凋(しお)るる

万年も生きよと思う亀五郎、たった百両で首がすっぽん

石川や浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ

 単なる洒落で済まされないのが最後の石川五右衛門の辞世の句です。彼の句を私のように解したのでは粋(いき、すい)ではなく、無粋の極みだと断じる人が多い筈ですが、私にはこの句が深遠な真理を言い当てているように思えてならないのです。「広い砂浜の砂粒の数がどのように大きくても、数えていけばいつかは終わるのに、盗人の遺伝子は次から次と伝わり、際限なく子孫に遺伝していく」という内容で、何とも理詰めの句で、生き物としての人のもつ業を冷静に表現しているのです。それが石川五右衛門の反骨精神のエッセンスだと考えると、痛快にさえ思えてならないのです。

 浜の真砂の数は有限に過ぎなく、それに対して、絶滅しない限りは盗人の数は可算無限個(countable infinity)で、それが生き物の本性だというのがこの句の主張です。数学的根拠付きで人の本性を読み解く、さすが大泥棒の石川五右衛門だと感服するのです。

*画像は豊国画『石川五右衛門と一子五郎市』

f:id:huukyou:20211024061916j:plain

 

ソライロアサガオの青い色

 ソライロアサガオ(空色朝顔、学名: Ipomoea tricolor)は、ヒルガオ科の一年草です。アメリカソライロアサガオとも呼ばれますが、園芸では「西洋朝顔セイヨウアサガオ)」と呼ばれるようです。

 その種、蔓、花、葉はエルゴリンアルカロイドを含み、何世紀にもわたり、メキシコの先住民族に幻覚剤として利用されてきました。その種は南米ではバドー・ネグロとしても知られていて、植物におけるサイケデリックアルカロイドとみなされています。

 様々な栽培品種には、青の「ヘブンリーブルー」(画像)、白の「パーリーゲート」(画像)などがあります。湾岸地域ではノアサガオの方がよく見られるのですが、ソライロアサガオもまだ咲いていました。白色の花は初めて見たのですが、私はこのアサガオの空色の花が好きで、湿気の多い夏を忘れさせてくれる色だからです。今はその色が秋の青空と重なっています。

f:id:huukyou:20211024060117j:plain

f:id:huukyou:20211024060137j:plain

f:id:huukyou:20211024060204j:plain

 

富士との重なり

 昨日の東京は終日雨。でも、土曜の今朝は見事な日本晴れ。青い空と海の間に冬化粧の富士が見事に輝いている。雪富士を見ていると、なぜか私は妙高を思い出す。妙高も既に雪化粧しているが、いつも雪の富士と妙高が重なるのである。妙高山の麓で生まれた私の宿命とも思えるのだが、それはふるさとの絆なのか子供時代の記憶への執着に過ぎないのか、私にはどちらでも構わないのだが…

 絆であれ、執着であれ、富士と妙高の重なりは他の地域で育った人が決して持たないものである。とはいえ、富士と大山、富士と岩木山などの重なりはとてもよく似た重なりに思われる。そして、どの対にも富士は欠かせないのである。

f:id:huukyou:20211023084800j:plain

 

アゲラタムの花

 さわやかな青や紫を中心に、小さく可憐な、アザミに似た花を咲かせるアゲラタムは熱帯アメリカ原産の、非耐寒性の多年草です。日本では冬越しできないため1年草として扱われます。使い勝手のよさが特徴ですが、矮性種と高性種の二系統があり、寄せ植えや前景としても重宝されています。

 アゲラタムは中央アメリカ、メキシコを中心に約60種が分布するキク科カッコウアザミ属(アゲラタム属)の植物です。その中で栽培されるのは、南アメリカに分布するカッコウアザミと、メキシコを中心とした中米に分布するムラサキカッコウアザミです。日本でも沖縄で帰化植物として定着しています。日本には明治時代に渡来し、戦前から栽培されてきました。

 アゲラタムの和名はカッコウアザミ。葉が漢方薬カッコウの原料になるカクミドリ、花がアザミに似ていることから名づけられました。画像はアゲラタムの高性種、あるいは中高性種で、花壇や鉢に植えるには長すぎるため、切り花用として栽培されています。涼しげな色で他の花を引き立たせます。アゲラタムのよく知られている特徴は、春の5月から秋の11月までと花期が長いことです。

f:id:huukyou:20211023052322j:plain

f:id:huukyou:20211023052338j:plain

f:id:huukyou:20211023052355j:plain

 

雑談「熊坂長範」(3)神仏習合と幽玄性

 熊坂長範を扱った現在能は「烏帽子折」で、「現在熊坂」とも呼ぶのに対して、夢幻能の「熊坂」は「幽霊熊坂」と呼ばれてきました。では、「烏帽子」と違って、「熊坂」はどのような曲なのでしょうか。旅の僧が美濃国赤坂で一人の僧に出会い、ある人の命日なので供養をしてほしいと頼まれます。誰の供養なのかも告げられず、庵室には仏像もなく、そこには沢山の武具が置いてあるだけです。不審に思い尋ねると、この辺りには盗賊が出るので、その時にはこの武具を持って助けに行くのだと説明します。やがて、謎の僧が寝室へ入ると、庵室は消え失せ、辺りは草むらになります。地元の男から、これは熊坂長範の幽霊に違いないと言われます。弔っていると、熊坂長範の霊が現れ、牛若丸に討たれた様子を見せ、消え失せてしまいます。

 「熊坂」の前場面はシテもワキも僧の役で同じ扮装で登場する珍しい演目です。後場面では、長刀を使って牛若丸と戦うさまを一人芝居で演じるのですが、それが見せ場となっているのです。「熊坂」のヒーローは牛若丸です。熊坂長範は生きている間改心することがなく、そのため牛若に退治されます。旅の僧に対して熊坂長範の霊は自分が準備している武具は盗賊退治のためであると述べ、生前の悪業の為に誰も弔ってくれないことを嘆くのです。

 既述のように、主人公は自分が幽霊でありながら、誰かに祟(たた)ることなく自らの生前の行いを懺悔し、苦悩を述べます。熊坂の幽霊は歌舞伎などと違って祟らないのです。他者を恨み、祟る亡者ではなく、自省、自戒する亡者なのです。「熊坂」には、夢に出た亡者が苦悩を吐露し、仏教による救済を求めというパターンが色濃く出ています。これは苦しむ死者、懺悔する神を仏教によって救済するという典型的な神仏習合なのです。

 能では身体と精神を対立させ、現在能と夢幻能などと区別します。そして、幽玄性が強調されますが、所作で体現することと、深い思いや感情を観る人に感じさせることが重要なのは言うまでもありません。「熊坂」は盗賊熊坂長範が金売吉次の一行を襲い、一行に加わっていた牛若(義経)に逆に切り伏せられる場面を長範の霊が再現するところがクライマックスとなっています。長範の怒りや悔しさがダイナミックな動きによって表現されているのですが、面をつけて視界が限られ、重い装束でしかも長い薙刀を振り回しながらの「飛び返り」を見ていると、これは若い肉体でないと所作のキレは出ないのではないかと思ってしまいます。幽玄性や精神性の方が強調されがちの能にあって、「熊坂」は幽霊能でありながら、身体の持つダイナミックな動きが強調された(つまり、チャンバラの面白さをもった)現在能の側面を強く持っているのです。

 能の面白さは熊坂長範がどこで生まれ、どのような人間だったかという史実とは別のところにあります。彼が大泥棒であったことが大事なのではなく、そのことが牛若丸と戦うことになり、その際の彼の心理的葛藤と戦いの劇的な表現そのものが重要だったのです。演劇も文学も、重要なのは史実ではなく、それを通じた人の生き様、死に様なのです。「熊坂」には死んでも苦悩する熊坂の幽霊が仏教に魂の救済を求めるという構図が見事に演劇化され、身体と精神が巧みに絡みついて表現されています。

*画像の長霊癋見(ちょうれいべし)という面は、熊坂長範が登場する『熊坂』、『烏帽子折』の専用面で、長範の霊ということから長霊癋見(「べし」は能面の中の鬼神面のこと)と名付けられました。画像の面は東京国立博物館蔵(金春家伝来)、江戸時代作の重要文化財です(Wikipedia)。

f:id:huukyou:20211022071505j:plain

 

アキアカネの謎

 秋の陽光の中のアキアカネ(秋茜)はトンボ科アカネ属に分類されるトンボ。日本では普通に見られ、湾岸地域でもその数は多くなくても、元気に飛び回っています。俗に「赤とんぼ」と呼ばれてきたトンボです。

 アカトンボと言っても、真っ赤になるのは、成熟したオスだけ。未成熟のオスやメスは黄色っぽい色をしています。この色の変化は、オモクロームという色素の酸化還元反応によって起こります。オモクロームは、還元型で赤色、酸化型で黄色になります。未成熟のオスやメスの体内ではオモクロームが酸化型に、成熟オスでは還元型になっているのです。オモクロームの酸化還元反応は可逆的で、黄色の未成熟オスやメスでも還元剤を入れると、体色が赤色に変化します。赤い色は婚姻色で、成熟したオスであることのアピールだと考えられてきました。でも、還元型オモクローム色素(赤色の色素)を多く持つことは、日向で縄張りを守る際に受ける紫外線による酸化ストレスを軽減するためという仮説も出ています。

 アキアカネは、平地で秋になると群れを成して現れるため、羽化自体が秋に一斉に起こっていると思われるかもしれません。でも、すべてのアキアカネは5月から6月頃に羽化を済ませ、成虫になると標高の高い地域で夏を過ごします。アキアカネは、体温の排熱能力が低く、そのため、涼しい高地に移動するのです。高所で夏を過ごしたアキアカネは気温が下がった秋に平地に移動し、広場などで群れをなして飛び回ります。

f:id:huukyou:20211022044913j:plain

f:id:huukyou:20211022044958j:plain



アキアカネの謎

 秋の陽光の中のアキアカネ(秋茜)はトンボ科アカネ属に分類されるトンボ。日本では普通に見られ、湾岸地域でもその数は多くなくても、元気に飛び回っています。俗に「赤とんぼ」と呼ばれてきたトンボです。

 アカトンボと言っても、真っ赤になるのは、成熟したオスだけ。未成熟のオスやメスは黄色っぽい色をしています。この色の変化は、オモクロームという色素の酸化還元反応によって起こります。オモクロームは、還元型で赤色、酸化型で黄色になります。未成熟のオスやメスの体内ではオモクロームが酸化型に、成熟オスでは還元型になっているのです。オモクロームの酸化還元反応は可逆的で、黄色の未成熟オスやメスでも還元剤を入れると、体色が赤色に変化します。赤い色は婚姻色で、成熟したオスであることのアピールだと考えられてきました。でも、還元型オモクローム色素(赤色の色素)を多く持つことは、日向で縄張りを守る際に受ける紫外線による酸化ストレスを軽減するためという仮説も出ています。

 アキアカネは、平地で秋になると群れを成して現れるため、羽化自体が秋に一斉に起こっていると思われるかもしれません。でも、すべてのアキアカネは5月から6月頃に羽化を済ませ、成虫になると標高の高い地域で夏を過ごします。アキアカネは、体温の排熱能力が低く、そのため、涼しい高地に移動するのです。高所で夏を過ごしたアキアカネは気温が下がった秋に平地に移動し、広場などで群れをなして飛び回ります。

f:id:huukyou:20211022044913j:plain