赤い実の赤(4)

 ヘレン・ケラー全盲全聾でありながら、言葉の獲得によって、私たちと同じように人間として生活することができた。ほぼ動物だったヘレンを人間に変えたのがサリバン女史。人類が言葉を獲得することによって進化の歴史の中で主役になれたように、ヘレンも言葉を知ることによって人間になることができた。ヘレンは私たちと同じように言葉を通じて世界を知るという方法を手に入れ、私たちと同じように学習し、知識を獲得することになった。これは、視覚、聴覚に障害があっても、言語があれば知識を手に入れることができることの立派な証拠になっている。では、全盲全聾のヘレンにとって色や音の感覚質(クオリア)は言葉によってどのように変わったのだろうか。
 サリバンがヘレンと最初に出会った時、彼女は我が儘で癇癪持ち、欲望を叶えられなければ暴れるだけだった。そんなヘレンを相手に、サリバンはまず「モノに名前がある」ことを教えようとする。言葉を腕などになぞるのだが、ヘレンは綴られたスペルは再現できても、その意味を理解できない。ケーキを食べる前に何度も綴らせ、「ケーキを食べる」行為と結びつけ、習慣をつけようとした。人形がほしい時、水が飲みたい時、ヘレンはその行為に関連する言葉を綴るようになるが、物の名前としては理解していなかった。だが、ヘレンはあるきっかけで、ものに名前があることに気づく。井戸水の流れを感じ、ものに名前があることを理解するのだ。

 「生理学的感覚」から「人としての感覚」を手に入れるには何かが必要である。二つの感覚の違いは何なのだろうか。クオリアは生理的感覚なのか、それとも人としての感覚なのか。いずれであれ、各個人の間で同じかどうかの保証がない。クオリアが生得的な感覚だとすれば、それは誰にも同じ筈で、違うかどうかという問いは意味がないようにみえる。だが、個人差、変異があることを事実として認めるなら、生得的でも違いがあることになる。そして、それを確かめるには言語を通じたコミュニケーションに頼るしかない。それゆえ、「赤」を知るには「赤」という言葉を知ることが不可欠となる。こうなると、クオリアと言葉の関係はヘレンの経験とダブルのである。
 ところで、合理論と経験論を総合しようとしたカントが、その著書『純粋理性批判』の中で、経験そのものを考察し、経験を成立させるために必要な条件として考えたのが、「物自体」。「感覚によって経験されたもの以外は、何も知ることはできない」というヒュームの経験論の主張を受けて、カントは経験を生み出すために「物自体」が前提される必要があると考えた。そして、彼はその「物自体」を私たちが経験することはできないとも考えた。つまり、物自体は知ることができず、因果律に従うこともないという、いわば謎の実体である。クオリアと実在、そして物自体は互いによく似ている。いずれも言葉ではない。にもかかわらず、言葉を通じてしかわからず、それゆえ知ることができないのである。
 そのためか、クオリアの存在と実在論は同じ構制をもっている。実在が理論に相対的な存在であるのと同じように、クオリアはコミュニケーションに相対的な存在である。では、物自体はどうなのか。物自体は経験される事物に相対的な実体だと言いたくなるのだが、不思議なことにカント研究者の間でも一致した見解はないようである。

f:id:huukyou:20201202063252j:plain

モッコク

 

ブーゲンビリアの花

 ブーゲンビリアは、オシロイバナブーゲンビリア属に属する熱帯性の低木である。和名はイカダカズラ(筏葛)、ココノエカズラ(九重葛)で、蔓性あるいは半蔓性らしいが、私には木にしか見えない。

 原産地は中南米熱帯雨林。花の色は赤から白まであり、画像は赤紫。だが、実際の花はいわゆる花の中央部にある小さな三つの白い部分である(最初の二枚の画像では一つしか開花しておらず、残りの二つはつぼみの状態)。色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉(苞葉)であり、通常三枚あるいは六枚ある。「ブーゲンビリアの花」はこの葉を指していて、しかもこの葉は「魂の花」と呼ばれている。人は花の鮮やかさに魅せられ、気持ちを高揚させるからである。だが、それは白い花を取り巻く苞葉で、私たちはすっかり騙されているという訳である。

 花をつけている期間は長く、日本では二季咲き、熱帯地方では四季咲きで、年中花を見ることができる。

f:id:huukyou:20201202052529j:plain

f:id:huukyou:20201202052549j:plain

f:id:huukyou:20201202052501j:plain

 

12月のミモザの花

 台場を歩いていると、不意を突くかのように黄色のミモザの花が飛び込んでくる。青空と花の色のコントラストに暫し圧倒され、ミモザの花は早春の筈だと思いながらも、花の咲く時期が奔放なミモザを思い出す。ミモザマメ科アカシア属の常緑性高木。ミモザの仲間のアカシア属の植物は、オーストラリア、アフリカ、アジア、アメリカの太平洋地域に約1350種が分布し、多くはオーストラリアで発見されている。日本で「ミモザ」と呼ぶのは「ギンヨウアカシア」や「フサアカシア」。日本へは明治時代末期に渡来。

 私が中学生の頃に西田佐知子の「アカシアの雨」が街に流れていた。その歌詞は「アカシアの 雨にうたれて このまま 死んでしまいたい」で始まる。「アカシアに降る雨にうたれて」と思い込み、疑問などもたなかった。それが「雨のようにニセアカシアの白い花が散る中で」という意味だと知ったのは随分後になってからだった。歌詞のアカシアはミモザではなく、ニセアカシアで、和名がハリエンジュ(針槐)。

f:id:huukyou:20201201060159j:plain

f:id:huukyou:20201201060222j:plain

f:id:huukyou:20201201060259j:plain

 

赤い実の「赤」(3)

 赤い実の赤色を見る、清流の音を聞く、甘いジュースを飲む等々の感覚経験の際の感覚自体(感覚質)、怒りや悲しみの感情経験をする際の感情自体は、カントの物自体に似て、言葉で表現できないものと考えられてきた。その場合、ものとその表現の違いが注目され、ものを言い尽くすことができない点が強調され、ガリレオが自然を数学的に表現することに成功した場合とは随分と異なる態度や姿勢が目立つことになる。経験内容が心の中でつくられた像やイメージのようなものであるため、言語による表現が厄介で、それゆえ第二性質と分類されることになった。それらは実在する物理的な対象とは異なり、実在するにしても心の中にしかないと捉えられることになった。

 「赤」という単語と、それが指示する色、そしてその色がどこにどのように実在するかについて私たちはどのように理解しているのか。色の光学、色の物理学で登場する色は物理的な対象であり、どこにあるかと言われれば物の表面にある。色の心理学での色は心理的な対象であり、色の経験とその内容が色ということになる。色覚は可視光線(400~800 nm)の各波長に応じて生じる感覚のこと。長波長(565 nm)、中波長(545 nm)、短波長(440 nm)付近の光に感度の高い視物質を持つ三種類の錐体が網膜に存在し、それぞれL-錐体(赤)、M-錐体(緑)、S-錐体(青)と呼ばれている。目に光が入るとこの錐体の視物質が反応し、その情報が網膜から視神経を伝わって大脳皮質の視覚中枢に運ばれ、色覚が生じる。
 紀元前4世紀頃、プラトンアリストテレスは「色彩とは何か」について考えた。二人の色彩についてのユニークな考えは次の通り。
プラトン:混色して新しい色を作り出すことは神に対する冒涜行為である。
アリストテレス:すべての有彩色は白と黒の間に位置づけられる。
 ギリシャ文明を受け継いだローマでは、色を表現する多種多様な材料が発見され、豊かな色彩語彙と多彩な表現技術が発展した。プラトンの「混色して新しい色を作り出すことは神に対する冒涜行為である」が中世ヨーロッパに受け継がれ、黄色と青色を混ぜて緑色を作ることは行われず、自然物から孔雀石、石緑などの天然緑色顔料を代用していた。
 ルネッサンスになると、レオナルド・ダ・ヴィンチの解剖学や透視図法、明暗画法などの新知識に基づいて、対象を忠実に表現するヨーロッパ独自の美術がスタート。さらに、新しい油絵の具によって、混色による写実的表現が可能になり、神話や聖書までもリアルに描かれるようになった。
 17世紀になると光学研究が進み、ニュートンのスペクトル発見に結実する。光に関する関心は画家にも共有され、カラヴァッジオルーベンスレンブラント、ヴェラスケスなどによるバロック美術が生まれた。フェルメール、ラトゥールなども17世紀の代表的な光の画家で、絵画表現に光と闇を対比させ、初めて光学的に正確な明暗画法が実現された。
 1704年にニュートンの「光学」が発刊され、スペクトル光による混色実験が行われるようになり、初めて補色が認識された。また、美術家や工芸家は色料の混合から経験的に三原色を知り、18世紀末にフランスの印刷業者ル・ブロンが世界で初めて赤、黄、青の三原色によるメゾチント印刷に成功した。
 19世紀のヨーロッパでは、人間の視覚に関心が向けられ、ニュートンの「光学」に対する批判から、主観的な色彩現象に注目したゲーテショーペンハウアーの色彩論が発表され、19世紀初めのヤングの三原色仮説を発展させたヘルムホルツ、マックスウェル、グラスマンなどの色彩理論が生まれた。

 これらの叙述、説明、解説を構成しているものは色覚や色彩についての知識であり、当然ながら言葉を使って述べられている。それは私の色の感覚経験そのものではない。色の経験は知識にもなるが、色の感覚そのものである感覚質は知識かと問われると私の意識は途端に霧に覆われ出す。それでも、丁寧に見比べ、考え比べることによって、色の直接経験、色の感覚質、色の知識としての科学的知見や歴史的知見、色の文化や伝統、さらには美術、それらの間の関係が少しはわかりやすくなるのではないか。「色を食べ、美を味わい、形に触る」ことに私たちは共感できる。それは私たちが感覚経験を持つからだけではなく、それを学習し、知識として経験できるからである。生得的な感覚は学習によって獲得的な知識も理解できるように変化するのである。私たちは誰もこのような直観的内容を説明したいと願っているのではないか。

f:id:huukyou:20201130085241j:plain

f:id:huukyou:20201130085308j:plain

 

ダリア

 ダリアはキク科ダリア属の総称。元々はメキシコの高原に自生していた花で、メキシコの国花。18世紀にダリアの原種がメキシコからスペインに送られ、栽培されるようになった。日本には江戸時代末期にオランダから持ち込まれ、 昭和期には家庭の庭先を飾る夏の花として普及した。和名は、花の形がボタンに似ているため、「天竺牡丹」。ダリアは耐寒性多年草で、球根植物。夏から秋にかけて開花し、大きな花輪と色鮮やかな花色と咲き方が特徴。今までに作られた品種は3万品種を超えるといわれている。
 画像のダリアは11月中旬に路傍の花壇跡に咲いていたもので、その花の幾何学的な美しさだけでなく、ダリアの強さも誇っているようだった。

f:id:huukyou:20201130045830j:plain

f:id:huukyou:20201130045904j:plain

f:id:huukyou:20201130045929j:plain

f:id:huukyou:20201130045952j:plain

 

ハナイソギク追記

 ハナイソギクイソギクとイエギク (園芸種)の交雑種という説が主で、イソギクの先祖返り説は従の説(牧野原色植物図鑑)。イソギクの頭花は黄色の筒状花だけだが、ハナイソギクはそこに白い舌状花がつく。黄色の舌状花をもつものがサトイソギク

 花びらのある家菊との交雑と考えるか、退化していた花びらが磯で先祖返りし、花びらがでてきたと考えるか、という問いに対し、思い出すのは性比の説明。性染色体のXXとXYの組み合わせが1:1であることから説明されるのが交雑説に、そのような1:1の組み合わせができ上る理由からなされるフィッシャーの説明が先祖返り説に対応しているようにも思えるのである。

イソギクとハナイソギク

 イソギク(磯菊)はキク科キク属の多年草で、磯の菊ということから「磯菊」の名がある。日本固有の野生の菊で、分布域は千葉県犬吠崎から静岡県御前崎にあり、海岸の崖や岩場などに自生。イソギクの栽培は江戸時代から始まっており、現在では自生地以外でも野生化していて、あちこちで見ることができる。湾岸地域の公園や緑道にも植えられていて、今花が咲き出している。

 イソギクの花期は10月~12月上旬。花期になると、伸びた茎の頂部に、花径1.5㎝程度の頭花を散房状に多数咲かせる(画像)。派手な花ではないが、花の少なくなる時期に咲くため、鮮やかな黄色が魅力になっている。花色は黄色のみ。

 こんな説明を思い出しながら見ていると、白い花が見える。後で調べると、これはハナイソギクで、イソギクと栽培のキクとの交雑したものだとわかる。頭花は黄色の管状花と、白や黄色の小さな舌状花からなる(画像)。これまでイソギクと断じて見ていた私の知覚は一変し、イソギクかハナイソギクかの判断が加わることになった。

f:id:huukyou:20201129072716j:plain

イソギク

f:id:huukyou:20201129072754j:plain

イソギク

f:id:huukyou:20201129072828j:plain

ハナイソギク

f:id:huukyou:20201129072857j:plain

ハナイソギク