秋のタンポポモドキ:ブタナ

 湾岸地域ではほぼ1年中見ることができるのがタンポポで、蒲公英(ほこうえい)と書く。これは中国語表記を和名に当てたもので、「紫陽花(アジサイ)」、「向日葵(ヒマワリ)」などと同じ。その語源には諸説あり、例えば「たな」は「田菜」で、田んぼの草、その花の後の冠毛がほろほろと崩れることから「たなほほ」と言われ、音韻変化して「たんぽぽ」 になったと言われている。あるいは、冠毛を穂に見たてて、田の穂々と呼んだのが「たんぽぽ」になったとも言われている。そのタンポポの花によく似ていて、タンポポの春の開花に遅れて咲くのがブタナの花。漢字では「豚菜」。
 ブタナ、あるいはタンポポモドキはヨーロッパ原産の多年草。1933年に札幌で見つかり、その後各地への帰化がわかった。花期6〜9月だが、湾岸地域では今でも咲いている。ブタナもタンポポもキク科。タンポポによく似た黄色い花を咲かせ綿毛も作るが、開花時期はタンポポより遅いが、茎の高さはタンポポより高い40~80cm。タンポポタンポポ属の多年草で1本の中空の茎に一つしか花がつかないが、ブタナはエゾコウゾリナ属の多年草で中空でない茎が枝分かれして複数の花がつく。

 要するに、タンポポとブタナは花だけがよく似ていて、そこに私たちの関心がもっぱら集まったということである。

f:id:huukyou:20201031064130j:plain

f:id:huukyou:20201031064145j:plain

f:id:huukyou:20201031064201j:plain

f:id:huukyou:20201031064217j:plain

 

ホトトギス(植物)

 「ホトトギス」と聞いて、鳥と植物のいずれを思い浮かべるだろうか。大抵の人は鳥の方で、信長、秀吉、家康の歌を思い出す歴史好きも相当いる筈である。植物のホトトギスは知らない人が多い野草の一つで、名前は花びらにある紫色の斑紋がホトトギス(小鳥)の胸の斑紋と似ていることに由来するらしい。鳥のホトトギスは横縞模様だが、野草の斑紋には横縞模様から大小の斑点まで様々である。

 ホトトギス属の植物は19種知られており、いずれも東アジアに生育。日本には12種分布しているが、この内の10種は日本だけに生育する固有種。この分布の様子から、日本はホトトギス属の分化の中心地と言える。ホトトギスユリ科の植物で、園芸種としても人気があり、白〜紫の花弁に濃い紫の小さい斑点がつく(画像は園芸種)。

 ホトトギスの開花時期は8月〜10月頃で、紫色だけでなく、斑点のない真っ白な花や黄色に赤紫の斑点がつく品種もある。例えば、シロホトトギスは斑点がない白い花を咲かせる品種。

 ところで、俳句の季語となれば、「雪月花」は冬秋春を代表する大きな季語。これに夏の「ほととぎす」を加えて四季となる。それだけに異字も多様で、「時鳥、子規、不如帰、杜鵑鳥」などはよく知られているが、さらに「沓手鳥、田長鳥、早苗鳥」等々。口の中が鮮紅色なので「鳴いて血を吐く」(正岡子規の俳号の由来)と言われ、死出に通ずることから冥途の鳥と忌まれることもある。ホトトギスは夏の渡り鳥で、雪月花と異なり、他の季節にまたがることはない。「杜鵑鳥、杜鵑花、杜鵑草」と音には反映されない漢字(鳥、花、草)をつけて使い分けているが、何とも苦しい気がするのは私だけではあるまい。植物の「ホトトギス」は秋の季語。

*『ホトトギス』は明治30年(1897)松山で創刊。正岡子規主宰。34歳の若さで亡くなった子規は結核を患い、喀血した自分を「鳴いて血を吐くホトトギス」に重ね、ホトトギスの表記である『子規』を俳号とした。また、『不如帰』は徳富蘆花の小説。明治31~32年(1898~1899)発表。

f:id:huukyou:20201030044914j:plain

f:id:huukyou:20201030044934j:plain

f:id:huukyou:20201030044952j:plain

f:id:huukyou:20201030045011j:plain

 

赤い実のアロニア

 アロニア(Aronia)は北米東部原産のバラ科の落葉低木、果樹や観賞用樹木として使われる。本州などに自生するカマツカに似ていて、西洋カマツカという和名もある。実が赤く熟すアロニア・アルブティフォリア(Aronia arbutiforia、画像)と、黒く熟すアロニア・メラノカルパ(Aronia melanocarpa、英語名はブラックチョークベリーBlack Chokeberry)があり、さらに暗紫色に熟す交雑種もある。

 赤い品種は観賞用、黒い品種は食用として使い分けられている。黒い実は生でも食べられるが、渋味が強く、加工して、ジャムにしたり、他の果物のジュースと混ぜて飲料にしたりする。

 画像のアロニアは近くの公園のもので、赤い実をたくさんつけていた。

f:id:huukyou:20201029042709j:plain

f:id:huukyou:20201029042732j:plain

f:id:huukyou:20201029042754j:plain

 

ヒイラギモクセイ(柊木犀)の白い花

 ヒイラギモクセイは柊(ひいらぎ)と銀木犀(ぎんもくせい)の交雑種。銀木犀に似ているが、ヒイラギモクセイの方が公園木や庭木として良く植栽されていて、湾岸地域でもよく見かける。雄株だけが知られ、花は雄花だけで、繁殖は取り木である。少し前までキンモクセイの香りが漂っていたが、そのキンモクセイに似た良い香りのする白い花を開かせ出した。花の香りは米麹のようで、キンモクセイの花より弱い。花弁は4枚に分かれ、2本の雄しべがある。花の中心には退化した雌しべが見え、花弁は反り返らない。

 ヒイラギモクセイはモクセイ科モクセイ属の常緑小高木。 ヒイラギは尖った葉と丸みのある全縁の葉が半分半分くらい。ギンモクセイの葉のギザギザはノコギリ状でトゲが小さめで、触っても痛くはない。だが、ヒイラギモクセイの葉の縁は鋭く尖ったトゲがあり、触ると痛い。ヒイラギ、ギンモクセイ、キンモクセイ、ヒイラギモクセイと続くと、ヒイラギナンテンが思い出される。

f:id:huukyou:20201028053145j:plain

f:id:huukyou:20201028053209j:plain

f:id:huukyou:20201028053229j:plain

f:id:huukyou:20201028053245j:plain

 

天の青、海の青、そして地の青

 言い古された表現とはいえ、地球は本当に青い。空は青く、heavenly blue。海は青く、marine blue。北アメリカ原産のネモフィラは4月頃に青い色の花で大地を覆い、私たちを魅了する。その別名は「瑠璃唐草(るりからくさ)」。そして、ソライロアサガオの別名はHeavenly Blue。これら青色の感覚は感情を生み出し、願望に変わる。これらの青色が天にも地にも、さらには海にも永く続くことを多くの人が望み、そのための自然保護が強く求められている。誰もが望むのは地球がこれまでのように青いままであること。

 私たちがつくり、手に取り、加工できるのが地の青。既に述べたのだが、ツユクサヤグルマギク、そしてソライロアサガオのそれぞれの青色は空の色に似て、息を呑むほどに美しい。そして、ネモフィラデルフィニウムスイートピーアジサイ、アゲラタム等々、それぞれが微妙に異なる青色の花をつける。紫とは違う青の色が何を訴えているのか、何を自己主張しているのか、その色の前でつい考え込んでしまう。考える必要などなく、純粋に青を感じればいいのだが、その感覚から余計な感情や思案が頭をもたげ、それぞれの青の違いは何かなどとつい考え、それらが無くなることを案じてしまうことになるのだ。

 私たちを動かすきっかけ、発端となるのは私たちの願望であり、それを生み出すのが感覚や感情。知識やそれを使った理屈は私たちの行為の説明にはなるが、それだけでは行為の原因にはなりにくい。欲求や願望は知識や理屈ではなく、それらを使うためのエネルギーになっている。青が好きで、青を求める感覚や欲求が駆動力になって、知識が探求され、利用され、青が望む形で実現されることになる。探求される知識は青の化学としてまとめられ、願望実現のための手段として活用される。

 そんな形而上学を具体的に示す好例が青を表現する顔料。人気の高いフェルメールの絵に使われたラピスラズリ北斎や広重の浮世絵のプルシャン・ブルーは私たちを惹きつけてきた。一方、ソライロアサガオ青い花びらには非常に複雑なアントシアニンが含まれ、つぼみの時は赤紫色で開くと青色に変わり,数時間後にしぼむとまた赤紫色になるといった変化を引き起こす。感覚、感情、そして願望の背後には化学を見出すことができる。

 地の青は青の知としてまとめられ、その知が天や海にも敷衍される。

f:id:huukyou:20201027064200j:plain

f:id:huukyou:20201027064225j:plain

f:id:huukyou:20201027064247j:plain

f:id:huukyou:20201027064304j:plain

f:id:huukyou:20201027064415j:plain

 

トキワヤマボウシの実

 トキワヤマボウシヤマボウシと同じようにミズキ科ミズキ属の果樹。ヤマボウシは落葉樹ですが、「常緑山法師」は常緑樹。トキワヤマボウシは中国原産ですが、普通のヤマボウシは日本。トキワヤマボウシの葉は常緑で濃い緑色をし光沢があり、冬期には赤褐色を帯びます。果実はヤマボウシの実に似ていますが、画像のように大きく目立ちます。

 ヤマボウシハナミズキは庭木や公園樹として人気があるようで、湾岸地域にもあちこちに植えられ、少々食傷気味なところがあります。今の時期には紅葉が始まり出しているのですが、特に綺麗という訳でもありません。そんな中でトキワヤマボウシの園芸種サマーフレアーの赤い実は人目を引きます(画像)。

f:id:huukyou:20201027040507j:plain

f:id:huukyou:20201027040527j:plain

f:id:huukyou:20201027040553j:plain

f:id:huukyou:20201027040612j:plain

 

ナンテンの赤い実

 ナンテンはメギ科ナンテン属の常緑低木。和名は漢名の「南天燭」の略。幹の先端にだけ葉が集まってつく。初夏に白い花が咲き、晩秋から初冬に赤色の実をつける。今年は既に実が赤くなり始めている。ナンテンは「難を転ずる」ことにも通じるため、縁起木、厄よけ、魔よけとして古くから庭に植えられてきた。漢方では、乾燥させた果実を南天実といい、咳止め剤として利用されてきた。例えば、喉飴がある。

 ナンテンは栽培の歴史の古い樹木で、江戸時代から明治にかけて100種以上の園芸品種がつくられた。現在でも40種ほどが栽培されている。白い実を付けるシロミナンテン、葉が糸の様に細くなるキンシナンテンなどがある。

 冬が近づくと、子供の頃に見た裏庭の真っ赤なナンテンの実が思い出される。今の湾岸地域でよく見るのはオタフクナンテン。こちらは実ではなく、紅葉が美しく、そのため植え込みや庭木として広く植えられている。

f:id:huukyou:20201026045922j:plain

f:id:huukyou:20201026045940j:plain

f:id:huukyou:20201026050014j:plain