セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草、クレオメ)の花

 セイヨウフウチョウソウは和名で、属名のクレオメ(Cleome)と呼ばれることが多い。フウチョウソウは西インド原産で、花の形が蝶の舞う姿を連想させることから命名された。英名は「Spider flower(スパイダーフラワー)」で、長く飛び出ている4本の雄蕊から蜘蛛が連想されるからだろう。

 花の色は白、桃、赤紫色で、雄蕊が長く花の外に突き出しているのが特徴である。そのためか、彼岸花(曼殊沙華、リコリス)に似ている(最後の画像)。一つの花の寿命は2日ほどだが、次々に開花する。果実は長さ15cm、幅0.3cmほどの細長い蒴果で、日本には明治時代初めに渡来した。

f:id:huukyou:20210907054137j:plain

f:id:huukyou:20210907054159j:plain

f:id:huukyou:20210907054216j:plain

f:id:huukyou:20210907054234j:plain