意味の本性(1)

[フレーゲ:思想、論理的探求]
 すべての数学的真理が論理的な規則と定義だけから証明できるという意味で、数学が論理の一分野であることを示すことがフレーゲ(Friedrich Ludwig Gottlob Frege, 1848-1925)の研究の目的だった。これが、数学は論理学に還元されるという、いわゆる論理主義の主張である。論理主義によって、論理学が信頼できるのであれば、論理学によって数学の基礎付けが保証されることになる。フレーゲの「思想(Thought)」は論理の本性に関する研究の一部であり、後に放棄されたとはいえ、その研究によって真理の本性を解明し、それを使って論理と数学の関係を明らかにすることが目標だった。

(真理、Truth)
古典力学が運動法則に関わっているように、論理学は真理法則に関わっている。古典力学消費者運動や運動会に関わっていないように、論理学は、この絵は「レンブラントの真作だ」というときの「真」には関わっていないし、この小説は「愛についての真実」を描いたというときの「真」にも関わっていない。
真理は像や観念(pictures and ideas)と像や観念が対象としている実在(reality)との間の対応の関係ではない。「…の左」や「…の母親」とは違って「真」は関係的な語ではない。ある画像が真だとしてみよう。その画像が真ならば、画像が描く実在に正確に対応している。そうであれば、画像はそれが描く実在と同じである。だが、画像はそれが描く実在と同じではない。だから、どんな画像も真ではない。
真理を循環しないで定義することはできない。真理を定義するには何が真であるかの特徴を述べる必要がある。何かが真であるなら、それがその特徴をもっていることが真である。この最後の「真」はどこで定義されたのだろうか。
真理の概念は分析不能なものと考えるべきだろう。 それでも、どんなものが真か偽かを調べることによって真理をより明確に理解することができる。

(思想、Thoughts)
思想とは何か。有意味な文は意義(sense)をもつ。その意義が真であるか偽であるかに応じて、その文は真であるか偽であるかになる。文は思想を表現する。どんな思想も文の意義である。文「ファイドは犬だ」が真であるかどうかと問うことができる。{ファイドは犬だ}という思想は「ファイドは犬だ」という文によって表現される。だが、すべての意義が思考である訳ではない。命令形の文「ドアを閉めろ」が真かどうかと問うことは意味がない。「ドアを閉めろ」は思想を表現していないからである。
真理は思想の性質ではない。もしそうだとすれば、「真」の意義はそれが現われる文の意義に何か貢献しなければならない。「ファイドは犬だ」、「ファイドは犬だというのは真である」という文は同じ意義をもち、それゆえ、同じ思想を表している。真理が思想の性質でないならば、ファイドが犬であることが真であることを私たちはどのように見つけることができるのか。思想を判断したり、述べたりすることから、思想を考えることを区別しなければならない。「ファイドは犬であるか」と「ファイドは犬である」は共に同じ思想{ファイドは犬である}を表現している。私はその思想を考えることができる。私は{ファイドが犬である}ことを、それを述べたり、信じたりしなくても判断できる。私は{ファイドが犬である}ことが真であると述べることができる。それゆえ、私は{ファイドは犬である}を、{ファイドが犬であるが真であること}を述べることなく、述べることができる。コミュニケーションするとは貴方がわからせたいと意図する思想を他人に理解させることである。文の内容はそれが表現する思想とは違っている。文の内容はそれが表現する思想を超えているかも知れない。
文が表現する思想はそれを表現する文によってうまく掴まれていないかも知れない。その原因の一つは文脈感受性である。「雨が降っている」という文は今日真でも、明日は偽かも知れない。その文が表現する思考を不完全にしか掴んでいないからである。今日、私は「雨が降っている」という文を使って、2019年9月22日東京に雨が降っているという思想を表現する。だが、その同じ文を同じ思想を表現するのに明日使うことはできない。その文によって表現されている思想、例えば、2019年9月22日東京に雨が降っていることは、真ならいつでも真であり、偽ならいつでも偽である。

(問)経験的な内容を表現する、総合的な文が文脈感受性をもち、論理的、数学的な内容を表現する、分析的な文が文脈感受性をもたないことを説明しなさい。

文(思想)の意義はその構成部分の意義から合成的につくられている。二つの思想は、二人の能力ある人がそれらに対して異なる態度を合理的に取ることができれば、異なっている。二つの表現は意義が異なっても、同じ指示をもつことができる。「スーパーマン」と「クラーク・ケント」は同じ指示をもつが、それらの意義は異なっている。「私」と「与作」は同じ指示をもっていても、異なる意義をもつ。それゆえ、「私は講師である」によって私が表現する思想は「与作は講師である」によってあなたが表現する思想と違う。

(問)「思想」と「命題、理論」の共通点を説明しなさい。

(第3領域)
思想はテーブル、椅子、雲といった外在的な対象からなる外部領域に属していない。外在的な対象は知覚できるが、思想は物資的でも、知覚可能でもない。{ファイドは犬である}という思想は赤だったり、尻尾をもっていたりしないし、赤であることも、尻尾をもつこともできない。思想は観念の内在的領域にも属していない。観念は感覚印象、想像の産物、フィーリング、ムード、願望、決断といった心理的な領域に存在している。そのため、観念は知覚できない。私は青空という私の感覚印象を見ることがない。観念には担い手がある。緑の野原の感覚印象は本質的に誰かの感覚印象である。観念は唯一の担い手をもっている。緑の野原の私の感覚印象は緑の野原の貴方の感覚印象ではあり得ない。いずれにしろ、観念は心理的なものであり、ポパー(Karl Popper, 1902-1994)の世界2に属している。
思想は観念ではない。思想は単一の担い手をもつ必要がない。あなたと私は2+2=4という思考を考えることができる。思想に担い手は要らない。2+2=4であることは、誰もそれを考えなくても、真であるだろう。思想は観念であれば、間主観的なコミュニケーションは存在しないだろう。思想は内在的、そして外在的な世界から離れた、第3の領域と呼べるような領域に属している。ポパー風には世界3に属している。
思想は固有の担い手を本質的にもっていない。私は私が思想を考える担い手だが、私の思想の担い手ではない。思想はそれらの存在のために私たちに依存しているのではない。思想の対象は外在的領域に属しているかも知れない。私たちが共に{ファイドは犬である}ことを考えるとき、私たちの思想の対象はファイドである。
思想は非物質的で、知覚できない。思想の対象は内在的な領域に属しているだろうか。あなたと私は私の足の痛みを考えるかも知れない。私たちの思想の対象は痛みだろう。だが、私の痛みのあなたの観念は、私の痛みの私の観念ではないだろう。

(問)観念と思想の違いを述べなさい。
(問)フレーゲが思想をどのように考えていたか説明しなさい。

 

エノコグサ

 エノコグサ(狗尾草)はイネ科エノコログサ属の植物。夏から秋につける花穂が犬の尾に似ていることから、犬っころ草(いぬっころくさ)と呼ばれ、それが転じてエノコログサになったとされ、「狗(犬)の尾の草」と記される。俗称はネコジャラシで、これは花穂に猫がじゃれつくことから。
 現在は、誰も食用とは思っていないが、アワ(粟)の祖先野生種、つまり原種で、アワとエノコグサの交雑によってできる自然雑種がオオエノコグサ。基本的に穀物だから、粟と同様に、種子の部分を脱穀・脱稃して食べることができる。食用となる穂は花のかたまりで、イヌもネコも子どもも好きなもの。私の記憶の中では随分と小さい頃からエノコグサが存在して、夕日を浴びて金色に光るエノコログサがはっきりと残っている。今でもエノコグサを見るたびに、それが蘇る。

f:id:huukyou:20190922070836j:plain

f:id:huukyou:20190922070852j:plain

f:id:huukyou:20190922070909j:plain

 

農薬への二つの立場

 団塊世代の私はほんの僅かな期間だが、農薬が本格的に使われなかった時代を経験している。私が10歳近くまでは田畑には生き物が溢れていた。オタマジャクシ、ドジョウ、タニシなどがどこでも見ることができた。その後、DDTを頭にかけられ、農薬散布中は田んぼに近づくことが禁止され、それによって生き物がすっかり消えてしまった。子供の私には劇的な大変化だった。

 戦後の農薬の中で、殺虫剤はパラチオンなどの毒性の高い剤が姿を消し、DDTBHCなどの有機塩素系の農薬も残留性、魚毒性などの点で、低毒性の有機リン剤に置き換わっていく。除虫菊の有効成分から開発された、低薬量で幅広い種類の害虫に有効な合成ピレスロイド系が普及する。その後、新規の殺虫作用を示すネオニコチノイド系、マクロライド系、ジアミド系などが次々に開発され、現在に至っている。
 殺菌剤では、戦後有機水銀剤がいもち病防除薬剤として、米の増産に大きな貢献をする。だが、この水銀が米に残留することがわかり、非水銀系殺菌剤の開発が急がれた。その結果、まず抗生物質が、続いて有機リン系有機塩素系などの殺菌剤が相次いで開発された。その後、ベンゾイミダゾール系、ジカルボキシイミド系、酸アミド系、エルゴステロール生合成阻害剤やストロビルリン系などが開発されて現在に至っている。
 除草剤では、フェノール系のPCPが開発されたが、各地で魚に対する被害が問題になり、魚毒性の低い水田用除草剤に置換わっていく。続いて、10アールあたりわずか数グラムで高い除草効果を発揮し、人畜に対する安全性も高く、環境への負荷も少ないスルホニルウレア系の化合物が開発され、これらを中心に混合剤が多数開発された。

 さて、日本の食材には残留農薬が多い。例えば、ネオニコチノイド系農薬に対する残留農薬基準をEUと比較すると、あまりにも違う。アメリカでも環境保護庁(EPA)はネオニコチノイド系農薬を基本的に使用禁止にしたが、日本ではまだ緩和する方向にある。さらに驚いたのは、硝酸塩などの食品添加物。これは自然環境や野菜に含まれているものだが、肥料に使用されていて、防腐添加剤としてワインなどに入っている。日本家政学会の「厚生労働省が推奨する1日当たり350g以上の野菜を使った食事の硝酸塩の含有量調査」では、一日350gの日本の野菜を摂取すると、ADI(厚労省が定めているもので、一生摂取しても身体への問題はないという摂取量)に対して、174%に相当する硝酸塩を摂取するという実験結果が出ている。
 ポストハーベストは野菜を採ったあとに使用する添加剤のこと。野菜を長持ちさせる、見た目をよくするために添加剤を使うが、これに関して日本では一切規制がない。
 このように、日本は農薬大国で、中国、韓国についで第3位の農薬使用量を誇る。これはヨーロッパの3倍~10倍。日本はこれから農作物の輸出量を、現在の2,000億円程度から1兆円にしようとしている。だが、日本の食品を海外に輸出しようと思っても、農薬基準でひっかかる。というのも、日本の食に対する政策は生産性を高めるのが目標であるのに対し、ヨーロッパは「農業は農薬や肥料をまくから環境に良くない」という考えのもとに農業に取り組んでいるという違いがあるからである。
 有機農法に関しても、日本は遅れている。実は世界最低の数字で全体のシェアの0.2%くらいしか有機野菜がなく、中国より低い。有機農法は手間がかかり大変で、普及しないのは農薬を使う方が楽だからである。農協が決めている米の引取り価格にも問題がある。米は農薬の代金を支払っても、まだ、一俵あたり300円得になるお米の検査の仕組みが出来あがっている。これでは農薬使用を控え、農薬概念を変えていくのは難しい。

 このような現状のもとで、「EUに比べて日本の有機農業や無農薬農業の普及が遅いのはなぜか」について、何とも皮肉な解答が以下のものである。「日本の自然環境ではEU諸国に比べて無農薬農業が難しいから」がその理由。難しい理由は気温と降水量。日本は温暖多雨で、雑草、害虫、病原体の活動が盛んで、農薬に頼らざるを得ない。EUの共通農業政策(CAP)の環境への支払いは、1985年の「農業構造の効率改善に関する規則(797/85)」から始まる。このような政策が導入された背景は、1980年代に顕在化した農産物の過剰と環境悪化があった。CAPの価格支持、輸入課徴金、輸出補助金などの保護政策に支えられ、EUでは農業経営の大規模化と集約化が進んだ。それは生産量の増加と食料自給率の上昇をもたらしたが、農産物の過剰に悩むことになった。集約度を減らしたり、休耕して農業生産をやめたりすることはこの解決策の一つ。EU諸国では保護政策と農業技術の進歩により、長期に渡って農産物の過剰生産が大きな問題になっていた。無農薬農業はその方法で、要するに効率の悪い栽培方式に切り替えることによって、農業生産量を積極的に減らそうとしたのである。

 EUの農薬に関する基本的な考え方と具体的な施策はとても原理主義的で頑固一徹である。日本の政策とは大違いで、農業概念そのものが根本的に違っている。農薬に対する二つの立場の前で私たちは右往左往しながら、色んな可能性を探ってみるべきだろう。

 

集団の美?

 生き物の爆発的な発生、誕生は珍しいことではない。大量のバッタが空を舞い、魚の大群が海の色を変える。圧倒的な数量はある種の美しさを生み出し、私たちは集団や全体のもつ美しさに驚嘆する。一面のトウモロコシやラベンダーの畑、シバザクラの丘陵、コスモスやヒマワリのお花畑等々、そのどれもが見惚れるほどの壮観さをもっているのだが、同時に多くが人工的なもの、私たちが意図的につくり出したものであることに気づく。水が張られた棚田に見惚れると同時に、それが人の苦労の結晶であることにも感心するのである。どれも自然の美しさのようでありながら、人工的な美しさがそこに加わり、合作なのだということに気づく。考えて見れば、純粋に自然の美があるとしても、人工の美は自然美の組み合わせや自然美に手を加えたものがほとんど。
 そこで、画像を眺めてほしい。それは花が咲き誇るヘクソカズラの群落。典型的な雑草集団で、比較のためによく公園などで見掛ける園芸用のアベリアの花の集団を挙げておこう。私などはアベリアではなく、ヘクソカズラにどうしても目が行くのだが、アベリアに美しさを感じるならば、同じような美しさをヘクソカズラに感じるだろうか。雑草の逞しさを感じながらも、それと同時にこれほど見境もなく花をつけて先行きが心配だ、これほどの数の花は無駄ではないのかなどとつい余計なことを考えてしまう。一面のコスモスの花に感じる美しさをヘクソカズラに感じないのは偏見なのだろうか。

f:id:huukyou:20190921052409j:plain

f:id:huukyou:20190921052425j:plain

f:id:huukyou:20190921052440j:plain

 

野生生物を絶滅に追い込む犯人は…

 地球の年齢は45億歳ほどだが、これまでに生物種の大半が絶滅することが何度もあった。有名な一つは今から約6,500万年前(白亜期)に起きた恐竜の絶滅。巨大隕石の衝突によって、地球上の全生物の約75%が絶滅。現在起きている絶滅は、この大絶滅のスピードを上回り、しかもどんどん速度を上げている。
 恐竜時代以降、1年間に絶滅した種の数を調べていくと、1万年前にはたった0.01種、1000年前には0.1種、それが100年前からは1年間に1種の割合で絶滅生物種が増える。絶滅のスピードはさらに加速、現在では1日に約100種も絶滅。1年間に4万種が地球上から姿を消している。現在もスピードは加速を続け、25~30年後には地球上の全生物の4分の1が失われ、スピード違反どころではない事態に陥っている。
 生物の絶滅は、ペットのネコや野生のシカが殺されることとは根本的に違う。種(spieces)は生物分類の基本単位で、種の絶滅とはその種に属す生物個体が地上から消えることである。日本の絶滅動物となれば、トキやニホンオオカミがその代表例で、ライチョウは絶滅が危惧される種である。
 では、種の絶滅の原因は何なのか。自然界では絶えず生存闘争が繰り返されている。生存闘争に破れて滅びた生物は珍しくないが、現在問題になっている絶滅は自然界で起こる絶滅とは根本的に異なる。私たち人間が絶滅の元凶なのである。美しい、おいしい、珍しいといった人の勝手な理由で乱獲され、多くの動物が絶滅した。100年前までの絶滅の主な理由は人間の乱獲。
 この乱獲とは比較にならない絶滅が大規模な地球環境の破壊、つまり生物が棲息する生態系そのものの破壊。裏山の雑木林や海辺の砂浜、魚釣りを楽しんだ小川の多くは今や「安全」なコンクリートアスファルトで固められ、護岸工事された川や海からは多くの生物が消えていった。野生生物の減少が最も激しいのが、アフリカ、中南米、東南アジアの熱帯林地域。これらの地域では焼畑移動耕作による森林の減少 ・過剰な薪炭材の採取、過放牧、無秩序な用材の伐採などが原因となって野生生物種の生息環境が破壊されている。
 地球上で最も大切な生命維持装置は森林。森林は生物のすみかになり、水を蓄え、地球の酸素を作るという重要な役割を果たしている。だが、この大切な森林が急速に消えている(例えば、最近のアマゾンの森林火災)。特に、熱帯雨林の消滅による種の絶滅は極めて深刻。
 農薬による土壌汚染や、水質汚染も大きな問題。農薬は「薬」という漢字を使っていても、殺虫剤、つまり「毒」である。自然界に毒を散布すれば、必ず私たち自身に戻ってくる。農薬で汚染されたものを食べ続け、体内に農薬が蓄積されていく。
 現在、カエルが世界的に激減している。調査の結果、カエルの激減はオゾン層の破壊が原因と判明。紫外線が卵に直射すると、ふ化できずに死滅。オゾン層が形成された4億年前に、最初に海から上がった両生類であるカエルが、今またオゾン層破壊により最初に絶滅しようとしている。
 酸性雨による影響も深刻。ヨーロッパでは強い酸性雨のために生物がすめない「死の湖」が激増。湖や沼が酸性化すると、水生生物が生まれない。また、酸性雨によって樹木が弱ってしまう。
 地球温暖化は生態系全体を狂わせてしまう。二酸化炭素の大量排出のために地球全体の平均気温は、次第に上昇している。新しい環境に適応できない種、適した気候の地域へすぐに移動できない種などは、絶滅へと追いやられてしまう。
 もっと根本的な問題は、野生生物種の減少(生物多様性の喪失)が進むことにより、地球環境というシステムが崩壊し、人類の存続も危うくなることである。すべての生物種は生態系というシステムの中でそれぞれ重要な役割を担っているが、人はその仕組みのほんの一部しかわかっていない。
 トキが絶滅した原因は、開発によって生態系が破壊され、農薬によって餌となる虫やタニシがいなくなってしまったため。私たち人間もその複雑な絡み合いの中の一部である。私たちの体の中には、大腸菌や、その他の多くの微生物がいて、体の働きを整えている。私たちの身体は、他の生物に支えられている。 種の絶滅が続くなら、必ずその先には人類の絶滅がある。生物種の絶滅の犯人が人であり、その結果として人そのものも絶滅するというシナリオが、その描く通りに実現しているのが現在の地球と私たちであり、因果応報の物語が着々と進んでいる。
 これまで述べてきたことは、イソップの寓話にも、落語にも仕立て上げることができるような、何とも悔しく、歯痒く、馬鹿げた話に思えるではないか。だが、それが事実なのであり、自然環境の保護活動はつまるところ私たちの贖罪活動であり、地球や他の生物に対する罪滅ぼしなのであり、人が生き続ける限り、終わることのない活動なのである。絶滅の責任は私たち自身にあることを忘れてはなるまい。

アキグミの実

 子供の頃の記憶に裏庭のグミが登場するのだが、それがナツグミ、アキグミ、ナワシログミのいずれだったのか、残念なことに今ではその木がなくなり、わかる術もない。私の記憶の欠如を埋め合わせるかのように、湾岸地域にはアキグミがたくさん植えられている。葉の裏側の銀白色が緑の葉の中で目立ち、初秋にはこっそり小さな実をつける。
 アキグミ(秋茱萸)はグミ科グミ属の落葉低木。果実は食用となるが、タンニンを含み渋みがある。果実酒によく利用される。和名「アキグミ」は秋に果実が熟すことからつけられた。4~6月に花をつけ、この花の色は白から薄黄へ移り変わっていく。秋に朱から赤色の直径8mmほどの実をつける(画像)。ほかのグミ類の果実が楕円形なのに対し、アキグミは球形に近い。
 幹が立ち上がり、樹高3m ほどに達する。グミ類に共通するが、銀白色で長楕円形の葉が特徴的で、全体的にも銀色がかって見える。木場公園にある大きなアキグミの木はそれを見事に示して、異彩を放っている。

f:id:huukyou:20190920044331j:plain

f:id:huukyou:20190920044344j:plain

f:id:huukyou:20190920044400j:plain

 

君はカオスを見ることができるのか?

 「カオス」という言葉は流行語になったこともあり、今でもあちこちでよく使われている。「ケイオス」と言うと通じないのは、「バイルス」と同じで、「ウィルス」だと通じるのによく似ている。「アプリオリ」だと通じるのだが、「アプライオライ」と英語風に発音すると通じないのにも似ている。だから、「これはケイオティックだ」などと言わない方がいい。兎に角、20世紀後半から流行するこの言葉の意味は何だったのか。カオスはギリシャ神話に登場する原初神で、「大口を開けた」、「空虚な」を意味していた。では、君はそのカオスを光景として見ることができるのだろうか。
 カオスが混沌を意味していると言われて、成程とすぐ納得できる人はいないだろう。混沌と言われても、ピンとこないのは、わからないカオスを同じようにわからない混沌で置き換えたに過ぎないからである。混沌は見えそうで見えないし、これこそ混沌の見えだという例も見つからない。つまり、カオスを現象として知覚することはできず、想像するしかなく、想像したとしてもケイオティックで混沌としているだけなのである。君がカオスを見たかどうか断言できないとなれば、タイトルの問いには答えられない。だから、カオスは見るのではなく、カオスは知るものということになる。そこで、科学的な概念としてのカオスの起源の一つを振り返ってみよう。
 仮説とそこからの推論の例としてハエの人口動態について考えてみよう。仮説を効果的に適用し、それを験証することは、モデルをつくり、具体的に記述、説明、予測することによって行われる。実際の観察から、「ハエの個体数は前の年の個体数によって決まる」ことがわかったとしてみよう。この事実はNt+1 = F(Nt)と表現できる。t年の個体数Nt がt +1年の個体数Nt+1を決める関係Fが、t年の個体数に関してt+1年にR倍になるとすると、Nt+1 = RNtとなる。これは線型(形)の方程式で、Rの値によって個体数は異なる変化を描くことになる。だが、実際はハエの個体数が増えると次第に食物が減り、捕食される率も高くなり、単純な比例関係にはないことが窺える。そこで上の仮説を修正するために、Rの代わりに(R – bNt)という関数を選んでみよう。これは、係数bは集団が大きくなるにつれ、成長率が減少する割合を示している。前の式を書き換えると、Nt+1 = (R – bNt)Ntとなる。この式は非線型で、不思議なことにR = 3.570のとき、それまでの安定した周期的なサイクルからカオス的な振舞いに変わる(この式はロジスティック写像あるいはロジスティック方程式と呼ばれている)。この式は「Ntの値が一つ定まると、Nt+1の値も一つだけ定まるという意味で決定論的な式である」が、N0の値が僅かでも異なると、数世代後の個体数はすっかり異なってしまい、長期にわたっての正確な予測ができないことを示している。これが初期状態への鋭敏性といわれ、カオスのもつ特徴となっている。
 これはカオスの一例に過ぎないが、カオスの知覚ではなく、カオスを生み出す仕組みの表現になっている。このようなカオス発生の仕組みは様々にわかっている。私たちの知覚は何かを知覚することをもっぱら課題にしてきた。知覚するとは何かを知覚し、その何かを知ることを目指している。知覚は志向的であり、何かを知ることをターゲットにしているのだが、それが混沌であると、何を知るのかがわからなくなる。それを解決したのが上記のような捉え方である。つまり、カオスを知るとはカオスを発生させる仕組みを知ることなのである。
 カオスの知覚と言ったのでは哲学者の遊びのように聞こえる。だが、カオスの知覚体験の例として気象現象を考え、強力な低気圧の中での災害経験となれば現実味を帯びてくるのではないか。