エノキの青葉と青い実

 湾岸地域に意外に多いのがエノキ。エノキはケヤキと同じニレ科の植物ですが、ケヤキが太い枝を上に向かって伸ばすのと違い、エノキは横方向にも太い枝を伸ばします。そのため、樹形はより横に広がり、夏に木陰をつくります。そこで、エノキの漢字は「榎」で、これは日本で作られた国字です。江戸時代の一里塚には、木陰を提供するエノキがよく植えられました。例えば、港区には二本榎通り(にほんえのきどおり)、横浜には二本榎という名前が残っています。

 エノキはたくさんの花を咲かせ、たくさん実をつけ、その実は秋に橙色に色づきます。実は甘いので、鳥がよく食べ、そのフンから消化されなかった種子が撒かれることになります。

芭蕉 榎の実散る椋の羽音や朝嵐

*「榎の実」は「えのみ」と読み、夏の季語