モミジの実(種)

 モミジは4月頃に花が咲く。花は地味だが、房になってたれる小さな姿は美しい。その花が終わるとすぐ種ができはじめる。新緑が鮮やかすぎるので、つい見落しがちだが、今頃びっしり枝の先にぶら下がる。ブーメランのような形の羽の中に赤い実(種)を付けている。茎元二つのふくらみの中にモミジの種が入っている。この羽も花のように見えるが、実は実(種)。羽が太陽に向かって精一杯ひらいている(画像)。その姿は紅葉かと思う程に美しいのだが、このブーメランのような羽はブーメランのようにくるくる回りながら遠くへ運ばれていくための工夫である。

 「イロハモミジ」という名は、手のひら状に分かれた葉の裂片を、はしからイロハニホヘトと七つ数えることからきているらしいが、真偽のほどは定かではない。

f:id:huukyou:20200504060104j:plain

f:id:huukyou:20200504060136j:plain

f:id:huukyou:20200504060200j:plain

f:id:huukyou:20200504060221j:plain